Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

最新情報

新しいアルバム「DOMOY〜ダモイ」が完成しました

長さは30分に満たないささやかなアルバムですが、

この7年、積み上げてきた思いが詰まっています。

 

「DOMOY〜ダモイ」とは

ロシア語で「帰国・帰還」という意味。

特に、第二次世界大戦の敗戦と同時にロシア〜シベリアに

抑留された人々の日本への帰国をさす言葉として

使われています。

すでに戦争が終わっているのに、

何年も十何年も日本に帰れなかったその現実と苦悩は

体験のない私たちには想像を絶するものです。

2008年に他界した父・丸尾俊介も抑留者のひとりでした。

一人の抑留者とその同胞の体験を知ることによって、別の体験をした方々の思いにも

心を寄せられるようでありたい、と思います。

そしてこの過去から今へとつながっている時間の中で知りえた事実を、受け取った私たちは、

未来へ手渡す責任を負っていることを忘れないでいようと思います。

父とともに旅したロシア、そして同胞との再会の時に立ち会い、わき上がってきた曲の数々を

お聴きいただければ幸いです。

収録曲:丸尾俊介著「語りかけるシベリア〜一つの抑留体験から」によせる4つのピアノ曲

    ♪夕焼けは星空のはじまり(映画「ヤーチャイカ」主題歌) 作詞:覚和歌子

    ♪もしこの星に(映画「ヤーチャイカ」挿入歌) 作詞:谷川俊太郎・覚和歌子

    ♪君と行こう(朗読三昧作品「海を渡ってきた盲導犬〜ボドの物語」主題歌) 作詞:覚和歌子 

 

 

 

2016年

5月

11日

熊本地震への支援:長野より

5月3日、<朗読三昧>は、長野県駒ケ根市・光前寺にて初公演をいたしました。

強風の中、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございます。

演目のメインは、この地に700年も前から伝わる「霊犬早太郎」を題材にした新作。

様々な楽器や「もののけのうた」「早太郎のテーマ」が加わって20分もの大作。

南信州の方々には、たいへん馴染みのあるこのお話に、

新しい息吹をふき込むことができていたら、幸せです。

 

さて、この日も金田さんとともに熊本への義援金を募らせて頂き、

たくさんのお心遣いをお預かりいたしました。 ありがとうございます。

互いに相手の見える支援を行いたい、という思いを持って、今回は

「くまもと・子どもの本の研究会」にお送りしました。

“子どもたちにたくさんの本に出会って欲しい”という願いをもった

熊本県内のお母さんたちが立ち上げ、30年以上もその活動が

続いていることは、本当に素晴らしいことです。

詩人の覚 和歌子さん,谷川俊太郎さんの紹介でお知り合いになり、

<朗読三昧>も、過去2回、講習会・研究会、そして今回の地震で被害の大きかった阿蘇地区の

高森小学校で公演をさせて頂きました。

 

いまだ地震の収束にはいたらず、不安の中にいる子どもたちが

一日も早く、ゆったりと落着いて本と向き合えるよう

願ってやみません。

 

2 コメント

2016年

4月

30日

熊本地震への支援

熊本から大分にかけて、地震被害に遭われているみなさまに

心からお見舞い申し上げます。

 

発生直後、大分県豊後高田市に住む幼なじみに連絡して

離れている私たちにもできることがないか、尋ねました。

写真家で児童福祉にも明るい彼は、数日後、報告をくれました。

<揺れ>が収まらない不安の中、物資食料の他、水が大いに不足し、

たいへん不自由な状態を余儀なくされているとのこと。

少し遅れを取りましたが、私たちで義援金を募り届けてもらうことにしました。

4月24日横浜での《朗読三昧》ライブで、金田賢一さんと共に呼びかけ、

お越しいただいたみなさまのあたたかいお志のおかげで

震源地に近い益城町「広安愛児園」と、熊本市中央区「慈愛園」(乳児園から老人施設まで)に

お届けすることが出来ました、ありがとうございます!

建物の被害が少なかった両園は、避難所としての働きも必要とされます。

入所されている方々、そしてスタッフのみなさまのことが、まだまだ心配です。

幼なじみを通じて、直接に知り合うことが出来たご縁を大切に、

今後も出来ることを続けて行きたいと思います。

これから先のライブでは、しばらくの間、義援金のお願いを続けたいと思います。

みなさま、引き続きご協力をお願いいたします。    丸尾めぐみ

 

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

06日

「きょうを守る」上映会&コンサートを開きます

このHP上でずっと紹介し続けているドキュメンタリー映画「きょうを守る」上映会と  

覚和歌子さんとともにコンサートをいたします。

 

被災直後の記録「きょうを守る」、そしてこの作品を通じて陸前高田で知り合った

当地の方々からのビデオメッセージを届けて頂き

思いを共有するひとときになるよう願いながら

遠く近く、たくさんの方のご参加をお待ちしています

http://hoshitsumugi.main.jp/web/category/event

続きを読む 1 コメント

2016年

1月

13日

訃報David Bowie,そしてblack star

正月三箇日が明け、リハビリ入院するための移動中、FMラジオでDavid Bowieの新譜を聴いた。
(入院については改めて書きますが、正しい姿勢と身体の使い方を獲得するためです)
紹介MCで「ボウイ**年ぶりの新作、10分にも及ぶ大曲です、ブラックスター」という言葉に思わず耳をとられて聴き入る。minorの不思議な曲調だ。同乗していた母は「カトリックの曲みたいね」と言う。なるほど99歳のプロテスタント伝道師の耳には、そんな風にきこえるのだろう。退院を待たずに急いで買ってもらおうと思った。それにしても「Black Star」とは、なんて彼に似合うnamingだろう。

 突然、11日夜のニュース。夕食の箸を落とすほど驚いた。しかもリリース日8日は彼の誕生日で、その2日後に亡くなるなんて!
そうだったんだ……何もかもわかっていたんだ! 彼も周りの人も、すべてを判っていてその日を迎えたんだ! そう理解した。

 リハビリルームの高い天井と水銀灯を見上げながら、トレーニング中。
深い呼吸になるにつれて、彼の18ヵ月にわたる闘病と創作の日々に思いが行く。「Black Star」というイメージが、そこに重なりひろがって行く。自らを「Black Star」と位置づけて、次々に起こるであろうことをあるがままに受けとめながら、創作の手を休めることはなかっただろう。
新しいアルバムから、私は何を受け取れるだろう。涙があふれて止まらない。

 

 

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

16日

2枚のNewアルバム完成!

新しいアルバム「DOMOY〜ダモイ」が完成しました

長さは30分に満たないささやかなアルバムですが、

この7年、積み上げてきた思いが詰まっています。

 

「DOMOY〜ダモイ」とは

ロシア語で「帰国・帰還」という意味。

特に、第二次世界大戦の敗戦と同時にロシア〜シベリアに

抑留された人々の日本への帰国をさす言葉として

使われています。

すでに戦争が終わっているのに、

何年も十何年も日本に帰れなかったその現実と苦悩は

体験のない私たちには想像を絶するものです。

2008年に他界した父・丸尾俊介も抑留者のひとりでした。

一人の抑留者とその同胞の体験を知ることによって、別の体験をした方々の思いにも

心を寄せられるようでありたい、と思います。

そしてこの過去から今へとつながっている時間の中で知りえた事実を、受け取った私たちは、

未来へ手渡す責任を負っていることを忘れないでいようと思います。

父とともに旅したロシア、そして同胞との再会の時に立ち会い、わき上がってきた曲の数々を

お聴きいただければ幸いです。

収録曲:丸尾俊介著「語りかけるシベリア〜一つの抑留体験から」によせる4つのピアノ曲

    ♪夕焼けは星空のはじまり(映画「ヤーチャイカ」主題歌) 作詞:覚和歌子

    ♪もしこの星に(映画「ヤーチャイカ」挿入歌) 作詞:谷川俊太郎・覚和歌子

    ♪君と行こう(朗読三昧作品「海を渡ってきた盲導犬〜ボドの物語」主題歌) 作詞:覚和歌子 

ライブのお知らせ! 12月19日(土)「ボドの物語」「日本国憲法・前文」公演します!

時間:14時30分〜

場所:吉祥寺カルチャーセンター 0422-23-4911 

 

 

続きを読む 0 コメント

Live View

2014年

3月

12日

3.11を想う「ほしぞらと 手のひらと」

陸前高田市を描いた東日本大震災のドキュメンタリー映画「きょうを守る」

この映画をアメリカで上映する為に、ユタの日本語教師と学生たちが

英訳をしました。

上映会では、皆さんが、映画の主題歌「ほしぞらと手のひらと」を

日本語で合唱してくださいました。

 

3年前のあの日を忘れない。。。

ここから、一歩ずつ歩いていく。。

想いを込めて、流します。

0 コメント

2016年

5月

11日

熊本地震への支援:長野より

5月3日、<朗読三昧>は、長野県駒ケ根市・光前寺にて初公演をいたしました。

強風の中、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございます。

演目のメインは、この地に700年も前から伝わる「霊犬早太郎」を題材にした新作。

様々な楽器や「もののけのうた」「早太郎のテーマ」が加わって20分もの大作。

南信州の方々には、たいへん馴染みのあるこのお話に、

新しい息吹をふき込むことができていたら、幸せです。

 

さて、この日も金田さんとともに熊本への義援金を募らせて頂き、

たくさんのお心遣いをお預かりいたしました。 ありがとうございます。

互いに相手の見える支援を行いたい、という思いを持って、今回は

「くまもと・子どもの本の研究会」にお送りしました。

“子どもたちにたくさんの本に出会って欲しい”という願いをもった

熊本県内のお母さんたちが立ち上げ、30年以上もその活動が

続いていることは、本当に素晴らしいことです。

詩人の覚 和歌子さん,谷川俊太郎さんの紹介でお知り合いになり、

<朗読三昧>も、過去2回、講習会・研究会、そして今回の地震で被害の大きかった阿蘇地区の

高森小学校で公演をさせて頂きました。

 

いまだ地震の収束にはいたらず、不安の中にいる子どもたちが

一日も早く、ゆったりと落着いて本と向き合えるよう

願ってやみません。

 

2 コメント

2016年

4月

30日

熊本地震への支援

熊本から大分にかけて、地震被害に遭われているみなさまに

心からお見舞い申し上げます。

 

発生直後、大分県豊後高田市に住む幼なじみに連絡して

離れている私たちにもできることがないか、尋ねました。

写真家で児童福祉にも明るい彼は、数日後、報告をくれました。

<揺れ>が収まらない不安の中、物資食料の他、水が大いに不足し、

たいへん不自由な状態を余儀なくされているとのこと。

少し遅れを取りましたが、私たちで義援金を募り届けてもらうことにしました。

4月24日横浜での《朗読三昧》ライブで、金田賢一さんと共に呼びかけ、

お越しいただいたみなさまのあたたかいお志のおかげで

震源地に近い益城町「広安愛児園」と、熊本市中央区「慈愛園」(乳児園から老人施設まで)に

お届けすることが出来ました、ありがとうございます!

建物の被害が少なかった両園は、避難所としての働きも必要とされます。

入所されている方々、そしてスタッフのみなさまのことが、まだまだ心配です。

幼なじみを通じて、直接に知り合うことが出来たご縁を大切に、

今後も出来ることを続けて行きたいと思います。

これから先のライブでは、しばらくの間、義援金のお願いを続けたいと思います。

みなさま、引き続きご協力をお願いいたします。    丸尾めぐみ

 

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

25日

2015年8月-その2「希望の鐘」

<戦後70年>という節目の年をむかえ、

メディアでもニュースでも数々の企画があった2015年。


でも。2015年も半ばなのに、ここで敢えて「あった」と書く

のは、少し心配な感じがするから。

8月15日を過ぎると、とたんにこの話題がなくなってしまう

ような感じがするから。

戦争を経験した方々から直接お話を聞く機会も、どんどん

少なくなって行く中で、私たちはどのようにその「記憶」を

受け取りつなげて行ったら良いのでしょう?

みんなで知恵を出し合って、考えたいことです。


*「望郷の鐘」という映画を見ました。→はそのチケット。

戦中、長野県の阿智村から旧満州へ開拓団として入植した人々の実話を許にした作品です。内藤剛志さん扮する主人公は、お寺の住職であり小学校の先生でも

あります。戦況厳しく食料も少なくなった日本を離れ大陸に希望をつなぐ、という政策に疑問を

感じながらも子どもたちのため村のために同行を決意。しかしソ連軍の参戦によって最悪の状況に。

シベリア抑留後、帰国して初めて、実子はじめ多くの教え子が中国の方たちの手で救われている事が

判り、「死者への弔いよりも生きている者への助けを」と努力されたのです。

その道筋は「中国残留孤児」への活動につながって行きます。

国・民族・人種を越えた、先生の「愛と感謝」は、だれしもが持てるはずの

「希望」へとつながる、と感じます。







0 コメント