Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

biography

1978

小川銀次率いるCROSSWIND参加、レコードデビュー。

 

1979

ダディ竹千代&東京おとぼけCats加入。

 

1981

中村裕介とWEEKIDS結成。このコンビでarrangerとして100以上のCMを生み出す。

ムーンライダースのかしぶち哲郎と出会い、今まで触れた事のない様々な音楽に大きな影響を受ける。
アコーディオンの素晴らしさに気づき、習得を目指す。
彼らと共に、梓みちよ、ピエール・バルー、加藤和彦、安井かずみ、加藤登紀子はじめ多くのアーティストと共演。

 

1987

尺八の添川浩史らと「感情音楽旅団」結成。初のソロライブ。

 

1988

俳優・中丸新将の演劇的シャンソンの世界を初プロデュース。

この頃から、視覚的演劇的空間・総合芸術としての「音楽」のあり方に関心を深める。

 

1990年代初頭

栗山民也演出「火の鳥」「GETTO」、自由劇場「ティンゲル・タンゲル」に出演し、様々な芸術表現を体験。
「さそり座」(後に「SWAY」)と出会い、トータルプロデュースを手がける。
一方では、ソプラノの岸田順子と共に、教会音楽・讃美歌の新しい試みを始める。
リードオルガンの表現の多彩さを再認識。

 

1998

ZABADAKの上野洋子らと共に、全員歌と楽器のユニークな女性グループ、マーシュ・マロウ結成。

 

2000

覚和歌子と運命的な再会。彼女が生みだす「詩・詞」の世界に魅せられ、数々の作品を作曲。
朗読と音楽の究極の融合を目指し、ポエトリック・オペラ結成。

 

2005

宮崎駿プロデュースCD・Vocal上条恒彦「お母さんの写真」に覚和歌子と共に作品提供。

 

2008

覚和歌子・谷川俊太郎監督の写真映画「ヤーチャイカ」で音楽を担当。

 

現在この他に、俳優・金田賢一との朗読ユニット、俳優・冷泉公裕、峰さを理、小林明子と共演。