Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

作曲・アレンジ・プロデュース / 1

SWAY/RETAIN

SWAY/CD「RETAIN」
(ブルースシティレコード)
アレンジャー、プロデューサーとしてSWAYのサウンドを支えてきた丸尾めぐみをメンバーに迎え、活動を再開した新生SWAYのアルバム。
「冬きたりなば春とおからじ」「港スクリーン」ほか全曲オリジナル。



SWAY/CD「CHIME」

SWAY/CD「CHIME」

(徳間ジャパン)1992年月2月25日発売

アレンジャーとして参加、SWAYと出会います。


SWAY/CD「ほろ馬車」

SWAY/CD「ほろ馬車」

(フォルテミュージック)1994年3月21日発売
後にSWAYファンクラブ「ほろ馬車クラブ」の元になる、名アルバム。アレンジャー・プロデューサーとして参加。

 


SWAY/CDブック「風の子フータ」

SWAY/CDブック「風の子フータ」
(フォルテミュージック)1994年8月21日発売
ストーリーから挿し絵、音楽のすべてをSWAYが手がけた作品。アレンジャー・サウンドプロデューサーとして。

 


SWAY/CDブック「手塚治虫/リボンの騎士」

SWAY/CDブック「手塚治虫/リボンの騎士」
(秋田書店)1995年7月20日発売



「まいごの心」アレンジ。SWAYの活動停止中に発売された珍しいCDブックです。
SWAY(杉山加奈・堀部雅子)の作品では唯一、現在も市販されています。

 


SWAY/「キライにならないで c/w ぬーぼーのいちにち」

SWAY/「キライにならないで c/w ぬーぼーのいちにち」
(日本コロムビア)1995年10月21日発売
2曲とも杉山加奈の作詞作曲、演奏はSWAY(杉山加奈・堀部雅子)

 


「ほろ馬車」

「ほろ馬車」
(ほろ馬車クラブ)非売品
ファンクラブの名前にもなった象徴的な曲を、オリジナルバージョンのミュージシャンから六川正彦、三砂和照の参加を得て新録。ファンクラブ会員がコーラスに参加。コーラスとジャケットデザインは会員の手による。
ほろ馬車クラブの初年度会員へ、SWAYからの感謝を込めた限定版。

 


Marsh-Mallow/marsh mallow

Marsh-Mallow/marsh mallow
(ブルースシティレコード)
丸尾めぐみの参加するもう一つのユニット、マーシュ・マロウのファーストアルバム。「ぼくのカブトムシ」、「ドイツの5月」ほか収録。

 


「オムニバスアルバム/PLANET OF LOVE」

「オムニバスアルバム/PLANET OF LOVE」
(ワンネスミュージック)
12組のアーティストが地球への優しさと愛をそれぞれの曲に託し、人の心に自由がもどることへの願いを込めた奇跡のオムニバス・アルバム。SWAYは「水 の惑星(ほし)に生まれて」、丸尾めぐみのもう一つのユニット、マーシュ・マロウは「冬のモザイク」で参加。このCDからの収益金は、地雷犠牲者支援のた めに使われます。

 


覚和歌子/「青空1号」

覚和歌子/「青空1号」
(GT music MHCL-455)2004年11月17日発売¥3,059(税込)
「千と千尋の神隠し」主 題歌「いつも何度でも」の作詞で知られる覚和歌子が、かつてボーカリストとしてライブ活動をしていたことはあまり知られていませ ん。透きとおった歌声が、満を持してのCDになりました。すでにラジオなどで大反響。コップ一杯のおいしい水のようなアルバムです。(覚和歌子ホームページより)
丸尾めぐみ作編曲「クオレ~愛の学校」「真夏の振り子」収録。

 


Acoustic Cafe/Sea Dreamer

CD「Acoustic Cafe/Sea Dreamer」
(日本コロムビア)
東洋最大の水族館、大阪海遊館の館内に流れる水槽ごとのテーマとプロムナード。「瀬戸内海」から「ケルプの森」までが丸尾めぐみ作品です。

 


CD「Acoustic Cafe/For Your Happiness 2」

CD「Acoustic Cafe/For Your Happiness 2」
(フェリシモ)
神大震災に遭われた人々やその人たちを支えた人々に贈られたアルバム。

丸尾めぐみが自作の詞を歌う「Wishful Day」収録。

 


CD「Acoustic Cafe/For Your Happiness 3」

CD「Acoustic Cafe/For Your Happiness 2」
(フェリシモ)
神大震災に遭われた人々やその人たちを支えた人々に贈られたアルバム。

丸尾めぐみが自作の詞を歌う「Wishful Day」収録。

 


CD「Acoustic Cafe/For Your Heart」

CD「Acoustic Cafe/For Your Heart」
(フェリシモ)
フェリシモ「スイートオリジナルCD企画」に寄せられた、心に届けたいメッセージが、時を越えて愛される音楽になった。

「A Circle Of Lovers」(丸尾めぐみ作詞・ボーカル)収録。

 


上條恒彦/「お母さんの写真」

上條恒彦/「お母さんの写真」
(TOCT-25120)¥3,000(税込)

宮崎駿夫プロデュース、日本の新しい歌。名コンビ覚和歌子(作詞)丸尾めぐみ(作曲)書き下ろし「オルガンの丘」ほか収録。
<
収録曲>
お母さんの写真/オルガンの丘/中央線/牧場の朝/鞦韆(ぶらんこ)/真夏の振り子/油屋/豚の丸焼き背中にかついで/ひとつやくそく/椅子/秋 /花あかり/冬の星座/何もいらない/祝祭/見果てぬ夢(ボーナス・トラック)

 


ここに紹介されているCDの一部は、HAMAKKO-JAN 市場 CDショップから通販でお求めになれます。