Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

朗読三昧の特別な一日

12月2日朝、お世話になっている事務所の社長さんからの電話で目が覚めました。

「おはようございます」「あ、めぐさん無事だったね!」開口一番。

「えっ?」

「笹子トンネルで事故が起きたみたい、ちょうど通っているんじゃないかって。

 良かった良かった~」

確かにいつもならこの時間帯にトンネルを通っているのですが、

本当に幸運にも今回は前日に移動していました。

速報ニュースを片目で見ながら、会場へ。

この時点では、事故の詳細は余りわかっていませんでした。

 

 

さて、朗読三昧の新たな試み、今日は「日本国憲法」初演です。

決して浮き足立ってはいないけれど、気持ちの奥深くに

湧き立つ興奮が生まれています。

大勢のお客様がいらしていて、金田さんはそちらの方にも

細かな気配りをしながら、ステージを進めます。

おなじみの「言葉はやさしく美しくひびきよく」から始め、

今回の第一部は、少々重た目の内容。

でも、今伝えなくてはならない事、と二人で考えました。

寮美千子さん作品「父は空、母は大地」~インディアン酋長から

アメリカ合衆国大統領への手紙~は、自然の一部として生きる人の心を。

この作品に似合う曲は 「土」と「水」しかない、と感じて

挟み込む形で 歌いました。

そして、「日本国憲法・前文」 

金田さんがお父さんだとしたら、私はその子ども。

お父さんに憲法を読んでもらいながら、一所懸命自分の言葉で理解しようとしている

そんなシーンを思ってみてくださいね。

言葉は途中から歌になり、憲法の文面と一緒になって

新しいカタチが 立ちあがってくれれば!

見に来てくださった皆さんは、どんな感想を持たれたでしょう?

ぜひ、教えてください!

 

第二部は 覚和歌子さん作品「桜新世紀」

 これも初演、不思議なお話です。

お稽古の間に浮かぶイメージは、どこか 日本の古い話芸や落語。

その、素っ頓狂にも見える展開や意外性と、背中あわせの落ち着きに

覚さん作品の美味しいところが、たくさん詰まっています。

あわせて、覚さんと二人で作った「ほしぞらとてのひらと」を歌います。

ここからしばらくの間、歌い続けていかねばならない、と

思っています。

最後に「Toll the  Bell~あなたの夢をかたちにしてください」

12月、クリスマスを目前に、やはり願う事は

全ての人の幸せ。私たちからのささやかなX’masプレゼントです。

 

数日後の深夜、ゆっくり一般道を帰りました。

笹子駅周辺は、深夜にもかかわらず騒然として報道車も一杯。

トンネルから山一帯は、煌々と照らすライトで

復旧にあたっている方々のご苦労が、容易に想像されました。

この事故によって、辛い思い悲しい思いをしていられる

多くの方々に、一日も早く安らぎが訪れる事を

祈ります。