Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

ドングリの未来

今年はドングリが、大豊作です!

至る所で コロコロ鈴なり! 至る所でバリバリ踏みつぶされてます!

 

紅葉の中、久しぶりに下の里のおばあさまに会いました。

古くからの旧家で、今は亡きご主人は

誰にも知られないマツタケの生育場所をご存知で

そこへの行き方は ご主人の死と共に 誰にも知られなくなったとか。

もちろん奥様である このおばあさまも 知りません。

 

そのおばあさまが 雑木林に分け入って

何かやっていらっしゃるのです。

「何をしていらっしゃるのですか?」と お尋ねすると

手のひらをそ〜っと ひらかれました。

中には ドングリが10個ほど。

よく見るドングリで 我が家にもたぁくさん落ちているものです。

多分 コナラか ミズナラかな。

「拾ってね、良い場所に蒔くのよ、ちゃんと育つようにね」

と 小さな声でおっしゃいました。

そうだったのかぁ〜!

ウチにも毎年、勝手に生えてくる この子達。

ほったらかしだったけど、山に住むひとたちは

ず〜っと昔から さりげない方法で

木々の生育を助けているのですね!

聞けば、ドングリはそのまま落ちたのではなかなか芽吹かないそうです。

リスさんや鳥さんたち、あるいは雨や風の協力を得て

少し地面にもぐって、適度な水分を吸って

はじめて 命をつなげて行くことができるのだそうです。

 

木々たちと 人間との 自然な共存。

都会にいてはわからない、些細だけれど重要な
関係と営みに、思わず感動してしまうのです。

来年のマーシュ・マロウは、こんなことも題材にしようと話しています。

お楽しみに!!

 

2013.11.