Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

雪解けを、ゆっくり待とう!

各地で大雪のニュース! 

今この時も、道路や避難所で過ごされている方々、

心よりお見舞いいたします

 

左の写真は、我が家の玄関を開けて山道へ出るところ。

金曜日からあしかけ2日降り続いて、ようやく降り止み、

3時間かかって、やっとこれくらいの通路を確保。

ざっと1.5mの雪の壁が出来ました。

 

山道のどん詰まりにある家なので、

除雪車がすぐ来る筈もなく

それはいつものことなので、雪の予報を聞いてから

食料と燃料など、しばらくの生活に必要なものを揃え。

 

幸か不幸か、先週からインフルエンザに罹り、「もう寝てるしかない」状態だったので

急いで出かける予定もつくっていませんでした。

そうであれば、たいして心配なこともありません。

もとより、お買い物は普段から週に一回、野菜などの生鮮品は近くの道の駅や

農家からいただいているので、慌てて買い物に走る、というより

「パンとか牛乳が食べたくなるかも‥」などと考えて

隠遁生活を最低限楽しめるような準備をします。

 

 

 

 

朝起きたら、テラスからの景色はこんなです。

壁一面の窓なのですが、扉はもちろん

開けられません。

夜の間に気をつけることは、屋外の凍結防止の電源が

ちゃんと働いているかどうか? をチェックすること。

停電にならずに、これが確保できれば

大きく困ることはありません。

 

あとは開き直って、ゆったり待つのみです。

お日様が出て、雪かきできるようになるまで

普段やりたくてもなかなか出来なかったことを

やることに決めて。

 

 

先ほど、地域の連絡網がまわってきました。自治会長さんがリーダーになって

「困っていることはないか?具合の悪い人はいないか?」などの

情報交換をしながら、閉じこもっているそれぞれが、ちょっとしたお喋りをしたり。

「あしたお天気になったら、顔見に行くね〜」などど話したり。

あ、でも20mのお隣の家に行くにも、明日は3時間ほどの雪かきですよ!

 

不便なこともあるけれど、自然の中で自然の一員として暮らす、ということの

楽しさと厳しさを、今日も感じています。

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    ウツギタダシ (月曜日, 17 2月 2014 15:16)

    千葉のハニーです!大雪のニュースで心配になりお邪魔しました。
    お元気そうでなによりです。また覗かせていただきますね!

  • #2

    丸尾めぐみ (月曜日, 17 2月 2014 22:19)

    ハニーちゃん! コメントありがとう!!うれし〜〜
    とってもとっても励まされますぅ
    ハニーちゃんもお元気ですね? 佐藤君に会うこともあるかしら?
    どうぞ、くれぐれもよろしくお伝えください〜!

  • #3

    飯盛 尚子 (火曜日, 18 2月 2014 11:36)

    はじめまして。
    金田様のFacebookで貴女様の記事が掲載されておりましたので拝見させていただきました。
    普段雪の降らない地域にとっては、その大雪はさぞ驚かれ為す術もなく不安な時を過ごされていることでしょう。
    私の実家は雪国です。雪かたしは毎年冬の恒例行事のようなものです。
    お困りの事、どうなさりたいのかをお伝え頂ければ、私に出来るアドバイスはさせて頂ければ幸いです。
    出来ることなら直ぐにでも飛んで行き御手伝いさせていただきたいところですが、どうやら交通手段もあてにならないようなので。

    雪国の私達がいつも心掛けていることは、

    欲張らない。所詮自然の力にはかないません。
    遠くの親戚より近くの隣人。政府や自衛隊は遠くの親戚だと思いましょう。直ぐは来ません。時間がかかる。
    すべてを人に頼るな。文句言う暇があれば、少しでも身の回りで自分に出来ることはする。
    不便不憫に不満ワガママを言うな。今までが便利過ぎているだけだ。

    冷たい言い方にとらえられたらすみません。速やかに削除して下さい。
    ただ、雪国育ちの私はそうして大雪の時は乗りきっております。
    だって、しょうがないですもの。
    どうしたって、人間は自然の力にかなわない。

    雪かたしは慣れない作業だと思いますが、コツコツやっておくと、後から楽になります。

    大丈夫です。
    皆見ております。

  • #4

    水野伸一 (水曜日, 19 2月 2014 20:05)

    ご無沙汰してます。
    雪中お見舞い?申し上げます。
    吉田紀子さんのSNSで拝見しました。
    流石です。めーちゃんらしいです。
    大雪にも慌てる事なく、何気無く受け入れて、
    自然の流れに任せて生活されている姿が
    目に浮かびます。お天道様には逆らえません。
    雪早く溶けるといいですね。
    インフルエンザ上がり故、一層ご自愛ください。

  • #5

    ニーリ敦子 (木曜日, 20 2月 2014 00:35)

    吉田さんのフェースブックから拝見しました。今年は本当に不可思議な冬です。いつもなら厳冬の真ただ中のはずの2月に、ここでは雪ならぬ雨続きです。
    家から出られなくでもこんなふうに消息がうかがえるのは、現代技術の賜物ですね。たまの隠遁生活もなかなかいいものでしょう。何事もなく、じきに雪が溶けていきますように。

  • #6

    丸尾めぐみ (木曜日, 20 2月 2014 17:59)

    飯森尚子さま、お便りありがとう! 
    お目にかかったこともない方と、このように会話できるのも
    考えてみれば不思議なことですね、気付いてくださって感謝ですっ。
    ここ10年位、毎年雪が増えてきていますので、早めの作業、有効ですね。
    おっしゃる通り、自然と共に生きていると思えば、アセったりジタンダ踏んだり
    することはなく。。。お隙な時にまたのぞきにいらしてくださいね。