Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

大変なことが起きている!という事実

一つ前の記事を書いた16日の日曜日辺りから、メールや電話で

たくさんの方々が心配して連絡を下さっています!

本当に、ありがとう! とっても励まされますっ。

 

まずは現在の状況です。夕方になって待望の除雪車が来ました〜!

地元の不動産のご主人が、昨日から何度も交渉してくださったおかげで

建設会社のスタッフが、除雪車の力強い音と共にその勇姿を見せてくれたときは、

お隣(といっても一軒だけですが)の奥さんと少年と一緒に

思わず手を振ってしまいました〜!

あまりに嬉しくて、写真を撮るのを忘れてしまいましたが‥‥

 

皆さんからの連絡で、初めて気付いたのですが、

「陸の孤島」と化している山梨、という情報はニュースでも度々報道されているよう

ですが、その詳細はあまり伝わっていないよう。

2011.3.11の時に、皆さんも目にされたTV画面、ご記憶ですよね。

番組を放送しながら、周りに様々な文字ニュースが出ていましたね。

今、山梨県ではNHK民放を問わず、そのような状態です。

JR中央線・小海線、ハイウェイ等の交通情報をはじめ、

停電が起きている場所、列車や車の中で4日間を過ごされている方々。

一般道路では、どこが通れてどこが不通か、など。

除雪が始まっている地域では、作業に支障がないように自家用車を移動してください

とか、どこの病院で救急を受け入れてくれるか、とか。

生活情報として、大手スーパーの営業状況、食料はあるか、品物の状態はどうか

某コンビニでは、ヘリでパンが運ばれた、とか。

情報量は膨大で多岐にわたっています。

 

人が生きていく、ということは、たくさんの物や情報や知識、

そういったことの累積の上に成り立っていることを痛感させられます。

その中で、必要な物それほどでもない物を取捨選択しながら

その時々、知恵を働かせて自分らしく生きていく。

あふれかえる情報に振り回されずに、自分らしく。

困難な状況に向かう時、その事実をどのように受けとめられるのか?

それは、困難な状況になってからではなく

いつも考えているべきことなのですね。

そう、今思うことは、いつの時も

「ていねいに生きる・豊かに生きる・自分らしく生きる」ということ。

どうか皆さんも、健康で豊かな日々を!

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    丸尾めぐみ (木曜日, 20 2月 2014 18:05)

    ニーリ先生、お便りをありがとうございます!
    アメリカでは、融雪のために使用する塩saltがたいへんな品薄になっているとか。
    世界中の様々な場所で、異変が起きている感がありますね。
    どうぞご自愛を!

  • #2

    丸尾めぐみ (木曜日, 20 2月 2014 18:12)

    水野クン、お便りありがとう! 
    毎日やること満載で、筋肉痛の日々ですっ。でもでも。。。
    生活するのに本当に大変な思いをされている方々に比べれば、なんのなんの。
    大勢の方と、このようにつながっていること、って本当に励まされます。
    まだまだ続くであろう、この災害状況、私なりにみつめようと思います。
    元気でね!