Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

八ヶ岳、雪のダイアリー2.19「文句言った」

我が家に除雪車が来たあたりから、遠くの方々にも

情報が伝わりはじめたのでしょうか、

大勢の方から、励ましメールが届いています!

感謝!  でもでも、ごめんなさいね〜

毎日やること満載で、落ち着いて文章を書けませんでした。

 

左の写真は、わたし。屋根の雪下ろしをしているところ。

気温が低く、なかなか解けないので、次に雪が降ったら

アブナいぞ! ‥‥という訳で、頑張っています。

 

18日、5日ぶりに近所に出てみたときは、まだ雪は

柔らかく、出会う人々の表情も「ようやく出られた〜」

という ホッとした感がありました。

 

19日、リハビリホームにいる母のことが気がかりで、思い切って高速に。

先にお話ししたように、災害情報TVとネットを駆使して

道路情報をゲットし、「入れるIC」「降りれるIC」を確認して、いざ出発。

ところが!

当たりをつけて行ったICは、入れません! 何故??

「NHKとか民放TVでも、入れない、とは言ってなかったので来たんですけど」

誘導お兄さん「はぁ、でも入れないんです」「じゃあ情報が間違ってるってこと?」

「ボクにはわかりません」「みんな入れると思って来ますよ〜それともウソの情報なの?」

「じゃあ今ここから事務所に電話してもらえますか?」

はぁ〜〜???? 「それって私がすることですか?あなたの仕事じゃないの?」

正しい情報を流すことも、できないの?

文句を言われないと対応しないの?

行政や公共、あるいは情報に携わる方々の心づもりが、まるで伝わってこないんです。

‥‥ということは、「もし**災害が起きたら」という計画が出来てない、

備えが出来てない、ってこと? もともと危機対応、という発想がない、ってこと??

みんな<自己責任>で解決してくださいってこと?

 

安心安全な生活を送る、ということが、どういうことなのか。

人間らしい生活には、何が必要なのか?

考えたことがない人なんて、いない筈だと思います。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    山中 (金曜日, 21 2月 2014 19:02)

    とにかく、何はともかく、無事出られてよかったですね。21日現在、いまだに交通手段がない地域が各地にあるようです。私の田舎もまだのところがあります。
    大雪になすすべもない私たち。
    それでも雪はいつか融けるからと笑っている人がいました。
    放射能は融けないよ。
    ずっとそのまま。生きている間は絶対無理といって。

  • #2

    丸尾めぐみ (日曜日, 23 2月 2014 00:09)

    山中さん、コメントありがとう!
    きっとお宅の方も大変な事になっていることでしょうね。
    <自然の大きな営み>の前には、本当になす術もない。腹を立てる訳ではない。
    でも、人間の行いの中での工夫や努力が足りなかったり、なによりも
    「心が伴わない行い」には、真剣に腹を立てなければいけません。
    その勇気を、持ち続けたいと思います。