Topics

お知らせメール  はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

3.11を想う「ほしぞらと 手のひらと」

陸前高田市を描いた東日本大震災のドキュメンタリー映画「きょうを守る」

この映画をアメリカで上映する為に、ユタの日本語教師と学生たちが

英訳をしました。

上映会では、皆さんが、映画の主題歌「ほしぞらと手のひらと」を

日本語で合唱してくださいました。

 

3年前のあの日を忘れない。。。

ここから、一歩ずつ歩いていく。。

想いを込めて、流します。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ニーリ敦子 (木曜日, 11 11月 2021 09:15)

    ここで歌っているのは10年前の私の学生たちです。
    あれから10年余りが過ぎた今また、この日本語の学生たちと地震や津波の恐ろしさについて学んでいます。研究発表もしています。現役大学生たちには実態記憶はなくこのことを伝え続けることが、だんだんともっと難しくなっています。彼らの先輩たちのしたこの行事のこと、来週クラスで紹介する予定です。


  • #2

    めぐみ (金曜日, 19 11月 2021 00:05)

    ニーリさん コメントをありがとうございます! 
    実体験のない人に伝えることは本当に難しいと思います。でも人間には想像する力がある、いつもそう信じてこの歌を歌っています。できることはほんの少しかもしれないけれど、歩みを止めることは決してしない。
    学生の皆さんとの学びが、深く大きいものでありますよう。