Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

訃報David Bowie,そしてblack star

正月三箇日が明け、リハビリ入院するための移動中、FMラジオでDavid Bowieの新譜を聴いた。
(入院については改めて書きますが、正しい姿勢と身体の使い方を獲得するためです)
紹介MCで「ボウイ**年ぶりの新作、10分にも及ぶ大曲です、ブラックスター」という言葉に思わず耳をとられて聴き入る。minorの不思議な曲調だ。同乗していた母は「カトリックの曲みたいね」と言う。なるほど99歳のプロテスタント伝道師の耳には、そんな風にきこえるのだろう。退院を待たずに急いで買ってもらおうと思った。それにしても「Black Star」とは、なんて彼に似合うnamingだろう。

 突然、11日夜のニュース。夕食の箸を落とすほど驚いた。しかもリリース日8日は彼の誕生日で、その2日後に亡くなるなんて!
そうだったんだ……何もかもわかっていたんだ! 彼も周りの人も、すべてを判っていてその日を迎えたんだ! そう理解した。

 リハビリルームの高い天井と水銀灯を見上げながら、トレーニング中。
深い呼吸になるにつれて、彼の18ヵ月にわたる闘病と創作の日々に思いが行く。「Black Star」というイメージが、そこに重なりひろがって行く。自らを「Black Star」と位置づけて、次々に起こるであろうことをあるがままに受けとめながら、創作の手を休めることはなかっただろう。
新しいアルバムから、私は何を受け取れるだろう。涙があふれて止まらない。