Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

初めての「線量計」〜18ヶ月後の今日

なかよしの農家の方が、

「線量計」を貸してくださいました。

 

簡易測定器なので、とっても手軽なサイズですが、

いざ測るとなると、なかなか勇気がいります。

〜〜いったいどんな値がでるのか?〜〜

スイッチをONにすると、ディスプレイがカウントダウンを

はじめます。。。。。

写真は、カウントダウン中。計測結果が出るまで、あと14秒の時です。

数十秒後に、表示が出ます。単位は<マイクロシーベルト>

 

空間線量は、それほどでもありませんし

地面や樹も、それほどでもありません。

でも、比較すると 薪や灰は やはり 高く出ます。

 

1945年8月6日、広島にいらした肥田舜太郎医師は

「日本で、いや世界中で安全なところはない」と断言されます。

悲しいし悔しい事ですが、私もそう思います。

今となっては、原発を継続するにも〜そんなことは断じて許せません!〜

ストップするにしても、半永久的に

「核のゴミ」は、地球上のすべての命あるものに

影響を与えてしまいます。

 

みなさん、それぞれが出来る形で、「反対」しましょうね

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    風の三郎 (火曜日, 11 9月 2012 21:18)

    同感です。「国民の生活を守るために再稼働させる」といった首相は、何おか云わんやであります。本当に国民の、いや人の命、暮らしを守るためならば、再稼働はありえません。この原子力・核というものは命と共存できるものではないと言うべきです。少なくとも私はそう思います。