Topics

お知らせメール   はじめます!

いつもいつも、見つめてくださって応援してくださって本当にありがとう!


無精でマメでない丸尾めぐみですが、ダイレクトにお知らせを送れるようになればなぁ、とずっと思っていたことを実現してみようと思います。

 

続きはこちら

ドキュメンタリー作品「きょうを守る」

<東日本大震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』
第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞!>

ドキュメンタリー映画『きょうを守る』が第4回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門に入賞。
さらに211日、入賞作品の中から 菅野結花さん(監督・撮影・編集・ナレーション)が新人賞を獲得しました!
彼女の視点からのみ生み出せた作品である、との大きな評価です。

<審査員(敬称略)
田原聡一朗(評論家・ジャーナリスト)
佐藤信(劇作家/演出家/「座・高円寺」芸術監督)
橋本佳子(映像プロデューサー)
森達也(映画監督・作家)
まつかわゆま(シネマ・アナリスト)

 

【作品解説】
2011311日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県・陸前高田市。
同年の夏、山梨県に住む女子大学生が、同市に帰省、母や友人、世話になった知人など、身近な9人へのインタビューを試みる。彼女自身、家族は無事だったものの、実家を流された。

自宅があった場所や避難所、仮説住宅、母校の高等学校など、思い入れのある場所で、「癒えない傷」「記憶」「ギャップ」など、8つのテーマが語られる。ふるさとへの思いや避難所生活への不満、報道への違和感など、震災後4~5ヶ月経った時点でのそれぞれの「震災」が、生々しい言葉と表情で語られる。監督は映像専攻の学生ではないが、被災者と同じ目線で撮影された映像は、反響を呼び、201111月以降、これまで国内60カ所で上映、英語字幕版も作られた。

監督は震災後、陸前高田への帰省を重ねる中で「今まで『当たり前』だと思っていた日常も、山梨で過ごしている今日の生活も、誰かに守ってもらっていたものだった」との思いを強くする。「陸前高田のこと、そして災害自体をも身近にとらえることで、その人の『きょうを守る』きっかけになれば」という思いが、作品のタイトルに込められている。

 

Release

お知らせメールの登録はこちら↓

熊本地震への支援:長野より

5月3日、<朗読三昧>は、長野県駒ケ根市・光前寺にて初公演をいたしました。

強風の中、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございます。

演目のメインは、この地に700年も前から伝わる「霊犬早太郎」を題材にした新作。

様々な楽器や「もののけのうた」「早太郎のテーマ」が加わって20分もの大作。

南信州の方々には、たいへん馴染みのあるこのお話に、

新しい息吹をふき込むことができていたら、幸せです。

 

さて、この日も金田さんとともに熊本への義援金を募らせて頂き、

たくさんのお心遣いをお預かりいたしました。 ありがとうございます。

互いに相手の見える支援を行いたい、という思いを持って、今回は

「くまもと・子どもの本の研究会」にお送りしました。

“子どもたちにたくさんの本に出会って欲しい”という願いをもった

熊本県内のお母さんたちが立ち上げ、30年以上もその活動が

続いていることは、本当に素晴らしいことです。

詩人の覚 和歌子さん,谷川俊太郎さんの紹介でお知り合いになり、

<朗読三昧>も、過去2回、講習会・研究会、そして今回の地震で被害の大きかった阿蘇地区の

高森小学校で公演をさせて頂きました。

 

いまだ地震の収束にはいたらず、不安の中にいる子どもたちが

一日も早く、ゆったりと落着いて本と向き合えるよう

願ってやみません。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    じょなちゃん (土曜日, 22 10月 2016 16:24)

    志村猛くんとの電話以来ですね。志村くん電通辞めてスポーツジムやっているみたいです。めぐみちゃんは当時横浜でしたね。今は山の生活ですか。自分はみどり幼稚園の時めぐみちゃんにみどり幼稚園にあった池に落とされてカナヅチになっちゃった(*^O^)アハハ!!もう57年も前の話です。落合2中ではクラスが一緒にならなかったから覚えていないのも当たり前です。金田賢一さんとのコンビはいいですね。過激な運動より地についた平和運動には感動を覚えます。僕は10台後半にスタミやってたりしたのですが留学してボストンのナイトクラブでカルテッドでギター弾いてました。学問との両立は難しかったです。結果学問の世界に。最近のテクノロジーの進歩はすごいですね。ギターシンセザーもMIDI無しでできる時代となりたやすくいろんなことが出来るようになったことは素晴らしいことですが、自分たちの苦労をしながら作っていたとは違います。どちらがいい悪いではないのですが、創意工夫での音作りしない若者たちにはたまに疑問を感じます。現在の僕はALSや低カリュウム血症などでベッドの生活が主になっており、楽器にさわれないのは辛いことです。まだ少し指が動いた頃のものはYouTubeにjyonasan1957TVに残してあります。ALSだけどで検索すれば出てくると思います。練習ができないのでアドリブ一発で弾いたものをアップロードしています。メールはjyonasan1957@gmail.comにください。大人の平和運動応援します。

  • #2

    じょなちゃん (土曜日, 22 10月 2016 16:43)

    現在、スタジオマンになった今泉洋くんとはたまに会います。彼も色々やってますね。めぐみちゃんがデビューしたクロスウィンドのアルバムは今も持っていますよ。自分は高柳昌行先生の弟子で渡辺香津美さんの弟弟子になります。2014のYouTubeにアップロードしたものは病気が出ててあまり良い演奏は出来ていませんがMisty3は歪ませていますが、海外の人に評判が良いので聴いてみてください。 https://www.youtube.com/watch?v=NjXTXjsDumE これ以降はギターは弾いていません。